[左内側前頭葉に病変を有する成人患者におけるHyperlexia]

69歳の右利きの女性は、左内側前頭葉の神経膠腫の切除後にhyperlexiaを伴う経皮質運動失語症を発症した。 神経学的検査では右手の把持反射と右上肢の未利用を認めた。 MRIでは左内側前頭葉に補助運動領域と帯状回の前方部を含む病変を認め,脳梁の体の前方部に広がっていた。 神経心理学的には彼女は警戒的で協力的であった。 経皮質運動失語症を示した。 彼女の言葉の出力はecholaliaで始まりました。 さらに,日々の活動および検査中にhyperlexiaが観察された。 会話の間、彼女は突然、話とは全く無関係だった彼女の周りのオブジェクトに書かれた言葉を読んだ。 彼女は審査官と一緒に病棟を歩いていたとき、彼女は通り過ぎたゴミ袋に書かれた言葉と部屋の名前を示す看板を読んだ。 歩いている間の彼女の会話は、会話とは無関係の言葉を読むことと混在していました。 彼女はまた、時計店の壁に掛けられたアナログ時計の時間を読んでいました。 命名タスクでは、最初にオブジェクトに書かれた単語を読んで、名前について繰り返し質問したときに名前を付けました。 審査官が指示なしに彼女の前に新聞を開いたとき、彼女は審査官がそれを禁止するまで読み始めました。 それから彼女は審査官がページをめくったときに再び読み始めましたが、彼女はそれを声に出して読むべきではないことを覚えていました。 左手の軽度のイデオモータ失行を示した。 利用行動、模倣行動、ハイパーグラフィア、またはオブジェクトの強迫的な使用は、コース全体で観察されませんでした。 Hyperlexic傾向はこの患者の言語出力の顕著な特徴である。 自閉症を含む広汎性発達障害を有する小児では,多くの場合,Hyperlexiaが報告されていた。 成人におけるhyperlexiaについての報告はわずかであり、そのうちのいくつかはびまん性脳機能障害に関連していた。 患者の過レクシアはエコーリアと関連していたが,他の”エコー”現象とは関連していなかった。 左補助運動領域の機能不全は,聴覚および視覚刺激に応答して言語出力の調節機構の脱抑制につながる可能性がある。

Leave a Reply