FirstCry子育て

すべての妊婦は、彼らの期日を知ることを楽しみにしています。 40週間のカウントダウンは長い待ち時間ですが、彼らは彼らの腕の中で彼らの小さな天使を保持することができる日を楽しみにしています。 あなたの婦人科医は、最後の期間の最後の日に基づいて簡単な計算を行うことによって、期日を推測します。 しかし、期日を予測する別の方法は、特に月経歴が不明な場合、今日の産科医にとって非常に有用となっている妊娠超音波によるものである。

広告

超音波の助けを借りて行われた予測と月経履歴に基づいた予測には限界差があることが与えられています。 しかし、超音波は、特に最後の月経周期の正確な日付が知られていないときに、予想される送達日(EDD)を計算するのにも役立つ胎児の発達を詳しく見 しかし、超音波による予測はどれくらい正確ですか? この記事では、これとEDDの決定に関するいくつかの要因について説明します。 詳細を知るために読んでください。

広告

あなたの妊娠の超音波はあなたの期日を決定することができますか?

妊娠超音波は、出産の暫定的な日付について期待している母親にアイデアを与えます。 前述したように、最後の月経周期から計算される期日は、超音波によって計算された期日と一致しないことが多い。 超音波によるEDDの精度は、妊娠の現在の段階、機械の品質、母親の子宮内の赤ちゃんの位置などのいくつかの要因に依存します。 したがって、妊娠が進行するにつれて超音波の精度が低下すると言っても安全です。 したがって、超音波は100%正確で信頼できるものではありません。

広告

期日を決定するために超音波スキャンをいつ行う必要がありますか? 超音波は、あなたがあなたの妊娠中に到達したどこまで判断するのに役立ちますが、ある程度までしかありません。

超音波は、妊娠中に到達したど 婦人科医は、妊娠を確認してから6週間後に超音波画像を介してそれを予測することができます。 妊娠が進むにつれて、超音波によって予測される予想される配達日と実際の配達日との間に大きなギャップがある可能性があることに留意す

期日を決定するために超音波スキャンが必要なのはなぜですか?

配達日を確認したい女性は、配達日を決定するために手動の子宮頸部チェック(指で子宮頸部の柔らかさと長さを感じるために医師が行う手 妊娠中の女性や医師は、子宮頸部と彼女が期日に近づいているときに労働が可能であるかどうかを開き、明らかにする通路を評価するために超音波 子宮頸部で起こり始める変化は、内部であり、外部ではありません。 したがって、経膣超音波は、子宮頸部の形状を明らかにし、閉じ込めのプロセスが開始されたかどうかを示すのに役立ちます。 また、期日をより密接に見積もることは、医師が母親と赤ちゃんの健康のために医学的決定を下すのに役立ちます。

広告

超音波スキャンは期日をどのくらい正確に予測しますか? 妊娠中の女性は、最近、子宮頸部の測定値(赤ちゃんが配達されるための道を作る通路)を知るための安全な方法であるため、頻繁な超音波スキャンを行 スキャンはまた、婦人科医が患者がすぐに労働になるかどうかを推測するのに役立ちます。 さらに、超音波は無痛でリスクがなく、画面上で赤ちゃんを見ることも楽しい経験です。 すべての婦人科医は期日を与えますが、それは単なる暫定的な日付です。 非常に少数の女性は期待された期日に彼らの赤ん坊を渡す。 したがって、超音波による期日の正確さも必ずしも完全に正しいとは限りません。 妊娠スキャンによって計算された推定期日は、技術者がその分野の専門家であっても、間違っていることがあります。妊娠中に期日を変更することはできますか?

妊娠中に期日を変更することはできますか?

早期超音波は、期日を決定している間、エラーのマージンは無視できます。 一般的に、婦人科医は、受胎の正確な時間を知る方法がありません。 したがって、妊娠は最後の月経期間の最初の日から計算されます。 医師は、かなり信頼性の高い最初の超音波の結果に基づいて期日を変更することができます。 ほとんどの場合、一週間以上異なる日付は、主に最初の学期に発生します。 連続した超音波が胎児の一貫した進行を示し、問題の兆候がない場合、何らかの理由で医師が期日を変更した場合でも心配する理由はありません。

広告

妊娠中の女性に話している医師

妊娠初期のスキャンは、妊娠後期のスキャンよりも正確に期日を予測しますか?

妊娠中、各超音波は異なる期日を示すことが一般的に観察されている。 早期妊娠スキャンは、期日を予測するための後者のものよりも正確です。 したがって、医師は最初の超音波で予測された日付と測定値を参照します。 超音波が妊娠18週から28週の間に行われる場合、誤差の範囲は1週間または2週間(マイナスまたはプラス)に増加する可能性があります。 赤ちゃんのサイズが大きくなっていくにつれて、予想される期日を正確に予測することは難しくなります。 したがって、妊娠の後期段階では、超音波測定は助長されません。 期日のより良い見積もりは、より安全な配達を保証することができます。

広告

どちらの期日がより正確ですか–LMP(最後の月経期間)または超音波スキャン?

超音波スキャンは複数の理由で行われます。 それらが胎児の適切で、十分な成長を文書化し、安心させるのに使用されています。 超音波レポートには、胎児の腹部、頭部、大腿部の測定値、および羊水に関する情報が含まれています。 あなたは妊娠の各段階を見ることができるように、超音波スキャンによって示されるように胚発生についての詳細は、より正確です。

LMPの期日を予測することは、あなたの月経周期がどのように規則的であるかによって異なります。

LMPの期日を予測すること LMPはボディが圧力の下にあるか、またはマイナーか主要な病気によって影響されるとき異なるかもしれません。 また、lmpに基づいて推定期日を計算するために”妊娠ホイール”で採用されている方法は、最後の月経期間の最初の日に280日を加算することによって行われ 日付が不明な場合は、LMPを使用して日付を設定すると、妊娠期間を過大評価する可能性があります。

したがって、超音波の助けを借りて予測される期日は、LMPに基づく期日とは異なる。 超音波評価は、ほとんどの場合、特にスキャンが6〜10週間の間に行われる場合、比較的正確です。 第三期の超音波検査に基づいている決定は問題がある可能性があります。 婦人科医は、その後、日付がほとんど一致しないように、多くの場合、役に立たない配信の予想される日付を推測するために、より近い監視を必要とします。超音波検査は、超音波検査とも呼ばれ、ほとんどの医療提供者が胎児の健康と発達をチェックするために使用する出生前検査です。

健康な妊娠は、一般的に最後の月経期間の日付から40週間ですが、赤ちゃんは妊娠37-42週間の間に配達されることが観察されます。 実際には、赤ちゃんがいつ配信されるかを正確に伝えるための信頼できる方法はありません。 受胎日の計算は単なる推定日です。 妊娠と出産の世界は、この分野の多くの科学的進歩に革命をもたらしました。 生殖補助処置では、計算は正確に行うことができますが、それは自然な概念の場合ではありません。 妊娠期間を決定する最適な方法は、最初の妊娠中に超音波スキャンを行うことです。 したがって、超音波は、胎児の健康状態を確認するだけでなく、推定期日を決定するための重要なツールと呼ぶことができます。

広告

広告

広告
広告
広告
広告
広告
広告

Leave a Reply